母の口癖

母には「ありゃ〜」と「なんか」の二つが口癖です。これらの口癖は、毎日のように言っています。

「ありゃ〜」は、母が困ったときや失敗したときによく使っています。例えば、母は私の息子との麻雀に詰まったときや、料理の味付けを間違ってしまったときなどです。母曰く、「この口癖は私のお母さんが言ってたから、それがうつったのかもしれないわね」と言っていました。私も、母の「ありゃ〜」がうつってしまったのか、うっかり母の口癖がポロッと口に出ることがあります。

一方、「なんか」は、母がよく多用する口癖です。物事を説明するときに、「なんか〜・・・なのよ」と文頭に「なんか」を付けてきます。
そういえば、とあるテレビ番組か本で「なんか」をよく使う人の心理について取り上げられていたのを思い出しました。「なんか」をよく使用する人は、曖昧で意思が弱く、人に左右されやすい人だと言っていた気がします。言われてみれば、母には少しそういう所が目立ちますね。何かを決めるとき、相手の意見に振り回されてしまう部分があるのです。口癖で相手の性格が分かるだなんて、ちょっと面白いですね。

ランキングに参加しています。
更新の励みにクリックしていただけると嬉しいです♪

>>>シニア日記ブログランキング


季節の花





コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

管理人ハルサクラより

年金家計簿ガイドのブログへのご訪問ありがとうございます。

自己紹介はこちらをご覧ください。 自己紹介について
お問合せはこちらへ

お気軽にコメントしてください♪返事がときどき遅れますが、しっかり拝見しています。

勢いでTwitterを始めました。よろしかったら、フォローしてください。
ハルサクラのTwitter n_kakeiboをフォローしましょう

ランキングに参加しています。 更新の励みにクリックしていただけると嬉しいです♪ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM